Rnvvのブログ

ポケモン大好きブログ。たまに違うことも喋る。

近々、このブログを一旦閉鎖します

基本的にはタイトル通りですね。

詳しくは閉鎖するというより、リニューアルするという感じですね。

ライターが増えたり、企画を行ったりの関係上リニューアルした方が良いという判断のもと、新規ブログを来月ごろ立ち上げる予定です。

本記事の内容も一部、移したりするため詳しくは来月ごろにRnの Twitterからの情報をお待ち頂けたら幸いです。

【遊戯王OCG】「P.U.N.K.」デッキやっと組めた〜【遊戯王マスターデュエル】

マスターデュエルでは「フルール・ド・バロネス」や「セイヴァー」とかが実装されましたね。

今回紹介するのは昨年の夏に登場した「P.U.N.K.」と今年の1月に登場した「セリオンズ」の混成デッキです。まだ、【遊戯王マスターデュエル】には登場していない2テーマを主軸に組んでいますが、今後実装されることが予想されるので少しでも参考になればと思います。

 

 下級以外のモンスターの種族がバラけている「P.U.N.K.」と、さまざまな種族のサポートができる「セリオンズ」は結構相性が良いです。

f:id:rnvv:20220405175826p:plain

f:id:rnvv:20220405175543p:plain

 特に気に入っているのは「セリオンズ”ブルズ”アイン」の効果で装備した「No-P.U.N.K.ディア・ノート」が墓地に送られても、ディア・ノートの②の効果が起動できる点ですね。妨害と展開を1セットで行える組み合わせであると同時に、どちらも手札に持ってきやすい点が良いです。

 「セリオンズ”ブルズ”アイン」+「No-P.U.N.K. セアミン」で「フルール・ド・バロネス」などにつながる点も強いです。

また効果使用後のバロネスをEXデッキに戻しながら”キング”レギュラスや”ブルズ”アインを出すことで継続して妨害を行うこともできます。(強い!!)

f:id:rnvv:20220405173011j:plain
f:id:rnvv:20220405173305j:plain

 

また、「緊急テレポート」や「No-P.U.N.K.ディア・ノート」、上級P.U.N.K.モンスターの効果でレベル3を並べることもできるため、「鍵魔人ハミハミハミング」から「天霆號アーゼウス」に繋ぐこともできます。

f:id:rnvv:20220405174433p:plain

 

また、備考ですが「No-P.U.N.K. セアミン」「Jo-P.U.N.K.Mmeスパイダー」が地属性のチューナーモンスターであるため、+増殖するGで「ナチュル・ビースト」を出すこともできるんですよね…

 「サイコエンドパニッシャー」などのフィニッシャーも貰いながら安定した初動とこれだけの妨害を構えられるので、結構強い構築になったんじゃないかなって思います。

【遊戯王マスターデュエル】僕がN/R レアリティ フェスティバルで使ってた「ネメシス天威ファーニマル時械神デッキ」を晒すよ

N/Rレアリティフェスティバルで僕が使ってたデッキ

《ファーニマルギミック》と「天威無崩の地」や「バオバブーン」で大量にドローして「天威の鬼神」で殴って勝つデッキだよ!

 ネメシスカードは使用し終えた「ファーニマルウイング」や各種《天威竜》達を再利用して継戦能力を高くするために入れているよ!

 

f:id:rnvv:20220331235359p:plain

f:id:rnvv:20220331235415p:plain

 

ファーニマルギミックの解説
f:id:rnvv:20220401000023j:plain
f:id:rnvv:20220401000026j:plain
f:id:rnvv:20220331235848j:plain
f:id:rnvv:20220401000053j:plain

いつものファーニマルセット。「ファーニマル・ベア」でフィールドに持ってきた「トイポット」を「ファーニマル・ウイング」の効果でドローに変化することによって、1セットにつき3枚手札を増やす出張セットだよ!(ウイング効果で2ドロー+トイポットが墓地に送られた効果でファーニマルをサーチ)

トイポットのサーチのタイミングで「ファーニマル・ドッグ」や「ファーニマル・ドルフィン」を持ってくることで次のターンのドローもしやすくなるぞ!

今回のデッキでは、「バオバブーン」の効果でデッキトップをファーニマルに固定してから「トイポット」を使ったりできるよ。

 

 

1ターンで結構ぐるぐるしたり色んなルートがあるデッキで、N/R限定構築の中では結構面白いデッキになったんじゃないかなって思います。

 

僕が書いた他のブログも見てね!

 

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

 

 

後攻特化型のHEROを考えてみた件について

 遊戯王は特に先攻が有利なゲームであり、先攻を取った場合勝つのは当たり前であるため、後攻の勝率を上げれば最強なんじゃね?というコンセプトのもと制作したデッキ。

 

デッキレシピから

f:id:rnvv:20220330183707p:plain

f:id:rnvv:20220330183709p:plain


手札誘発のカードは脅威の12枚。(デッキのおよそ30%)

後攻からの捲り札である「超融合」や、一枚から初動となれる「ヒーローアライブ」(4月からは3枚入れれるよ!やったね!)など強そうな要素を詰め込んだデッキです。
「無限抱擁」より「禁じられた一滴」を優先させていますが、この部分は好み。チェーンされない点に魅力を感じたため今回は「禁じられた一滴」を採用。

先攻を取った際は「M-HEROダークロウ」を立てて、それをなんとか守れば勝てるんじゃないかな?(多分?)

「マスクチェンジセカンド」の枠を拮抗勝負とかにしても面白いかもしれないですね。

神碑デッキ組んじゃった…「閃刀姫神碑デッキ」

デッキビルドパック タクティカル・マスターズでカテゴリ化された「神碑」。

デッキ破壊で勝利することを想定した珍しいデッキタイプで、立ち回りや回し方が様々想定され構築にもそれぞれ個性が出てくるようなデッキです。

 

そんな中で、僕は魔法カード中心のテーマでアドバンテージを稼ぎやすい「閃刀姫」と合わせて構築しました。

 

デッキレシピから

f:id:rnvv:20220330175628p:plain

f:id:rnvv:20220330175631p:plain


神碑の共通効果で特殊召喚したフギンやムニンを「閃刀起動ーリンケージ」の効果で「閃刀姫ーカガリ」を出してアドバンテージを稼ぐのが目的です。

神碑ってどんなデッキ?

「神碑」は「神碑の泉」を維持しながら様々な「神碑」速攻魔法カードを駆使して妨害しながらデッキ破壊をするデッキタイプです。(感覚としては「魔弾」とかが近かったりするのかな?)

 

神碑の泉

f:id:rnvv:20220330182308j:plain

イラストめっちゃ好き。

 自分ターンと相手ターンで合わせて最大6枚ドローするヤバいカード。この泉を維持しながら各種「神碑」速攻魔法カードを状況に合わせて使うデッキ。

 



閃刀軌道ーリンケージ

f:id:rnvv:20220330180844j:plain

エモエモイラストカード。

 メインモンスターゾーンを利用しない神碑は閃刀姫の動きを阻害せず墓地に魔法を貯めやすい性質上、好相性です。

 

 

神碑の弱いポイント

弱いポイントは泉のドローで継続的に神碑を引き続けないといけない点。神碑が途切れるといきなり失速するため、もたついている間に崩されるようになります。後続を持ってくることができる神碑が「神碑の穂先」しかいないから序盤のリソースの管理が大事っぽい感。

 そのためリソースのカサ増しができる「命削りの宝札」やリソース回復&デッキ破壊を進めることができる「手札抹殺」などは強力。同様の理由で「閃刀起動ーエンゲージ」も相性◎

 

「神碑」対策案

現状デッキ破壊のターンを遅らせるために、「アーティファクトーロンギヌス」や「王宮の鉄壁」で除外をメタる、又は「コズミックサイクロン」などで「神碑の泉」を除外するなどが考えられます。(コズミックサイクロンはムニンがいない時限定ですが…)

 2~3ターン程度でデッキを破壊し切れるくらいパワーのあるデッキタイプであるため、今後の活躍にも注目です。

 

デッキの構築の幅が大きいデッキであるため、人によっては「威光魔人」や「虚無魔人」「カイザーコロシアム」でロックしたり「メタモルポッド」や「ニードルワーム」と合わせて一瞬でデッキを破壊したり、「DDダイナマイト」でバーン勝利を狙ったり色々できそうで、ワクワクしますね。

マスターデュエルで鉄獣戦華組んでみたよ

遊戯王マスターデュエル楽しいね

 

先日配信された「遊戯王マスターデュエル」。現在のOCGのカードより少し前のカードプールで気軽にオンラインデュエルができるようになり、例に漏れず僕も触ってみました。

 

本当はコンボ系のデッキや面白デッキみたいなものを考える方が好きなのですが、今日は僕が普段ランクマで使用している《鉄獣戦華》というデッキを紹介しようかなと思います。

レシピ

f:id:rnvv:20220303031814j:plain

f:id:rnvv:20220303031718j:plain

ランクマでお馴染みの《鉄獣戦線(トライブリケード)》のスロットの優秀さとメタ耐性の高い《戦華》を組み合わせた柔軟性に重きを置いた構築となります。

 

デッキ全体の動きとしてフラクトール→キット→ナーベル→ケラスの動きは1度通ればそのまま物量で押せるため、キット、ケラスは一枚のみの採用となります。

ナーベルのみナーベルNS→リンクリボーSSのプランが取れるため2枚採用してます。

NS(normal summon)=通常召喚

SS(Special summon)=特殊召喚

f:id:rnvv:20220303032724p:plain
f:id:rnvv:20220303032732p:plain
f:id:rnvv:20220303032739p:plain
f:id:rnvv:20220303032746p:plain

 

いつもの4人組。

 

このデッキの強みとして初動になれるカードも非常に多く、

f:id:rnvv:20220303032724p:plain
f:id:rnvv:20220303032739p:plain
f:id:rnvv:20220303033253p:plain
f:id:rnvv:20220303033256p:plain
f:id:rnvv:20220303033310p:plain

これら5種類12枚のカードが実質的初動になれます。(セイヴンだけ少し特殊ですが)

 

採用理由

環境に合わせて採用していたり枚数を変えているため、現在自由枠として入れ替えている部分のカードの採用理由について紹介します。

 

捷炎星ーセイブン

f:id:rnvv:20220303033310p:plain

このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合、デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上の「炎舞」と名のついた魔法・罠カードは相手のカードの効果では破壊されない。

 

 意味不明な獣戦士その1。セイヴンは《鉄獣の抗戦》でリンク召喚する際に巻き込むとデッキから天璣や天枢をセットしながらシュライグを出したりできて便利です。

また、特殊召喚を封じてくるデッキ相手には天枢がないと苦しいためセイヴンで無理矢理持ってこれるのも強いです。ちなみにこいつに《灰流うらら》は効かないというのも大きいです。

 

 

f:id:rnvv:20220303034716p:plain

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送り、フィールドの表側表示モンスター2体を選び、その攻撃力をターン終了時まで半分にする。②:相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合、「戦華の詭-賈文」以外の自分の墓地の「戦華」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

意味不明な獣戦士その2。《虚無空間》や《大天使クリスティア》、《フォッシルダイナ・パキケファロ》などの特殊召喚封じ系をすり抜けて天枢で孫謀と一緒に出すことによって、相手の場を荒らせるため採用。対象を取らない打点半減が役に立つこともしばしば。

特殊召喚を介さず、天璣1枚で戦華モンスターの効果を発揮までできるのは賈文・周公・魯敬の3枚です。そのうち周公と魯敬は「戦華」魔法・罠を入れる必要があり、《戦華史略ー東南之風》を採用する場合のみ《戦華の美ー周公》を採用します。

f:id:rnvv:20220303040358p:plain
f:id:rnvv:20220303040531p:plain

・周公

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送り、デッキから「戦華」魔法・罠カード1枚を手札に加える。②:このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

・東南之風

このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。コイントスを1回行う。表だった場合、このカードを墓地へ送る。②:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。このターン自分の「戦華」カードの効果の発動に対して相手は効果を発動できず、自分フィールドの全ての「戦華」効果モンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。●このカードの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

 

 

とりあえず解説はこれくらいになるのかな?

基本的に双竜・シムルグ→烈風の結界像・抗戦あたりを場に並べてそれと引いた汎用の妨害札でなんとかするデッキです。

f:id:rnvv:20220303040813p:plain
f:id:rnvv:20220303040816p:plain
f:id:rnvv:20220303040820p:plain

 

シムルグから出てくる結界像を除き、各ターン除去できる枚数が限られているためマストカウンターを見極めてシュライグの除外や双竜のバウンスを合わせていきたいです。

 

天敵

対応力を上げたとはいえ苦手なカードは存在します。

 

永続的な除外

f:id:rnvv:20220303041615p:plain
f:id:rnvv:20220303041618p:plain

永続的にカードを除外してくるダークロウやマクロコスモスは初動前に置かれていると厄介です。どかせる札を握れていないと満足に動けないまま押し切られてしまいます。

 

全体無効

f:id:rnvv:20220303041931p:plain

対エルドリッチで使われるスキドレなど。エルド戦は慌てずに雪獄や指名者でエルドリッチを除外していきましょう。

(双龍の効果で双龍自身をコストとしてリリースすると、どかせたりもする。)

 

最後に

天敵の欄でも紹介したように、このデッキが苦手なカードは相手が先行を取った場合に投げられるようなカードばかりです。こちらが先行の場合には手札誘発もケアしたり、打ち込まれてもリカバリーできるような非常にパワーの高いデッキとなっています。

鉄獣戦線は汎用性に富んでおり、《LL》や《十二獣》と組んでいる構築もよくみますが、いろんな場面に対応できるテーマです。少しでも参考になったらいいなと思います。Rnでした。

 

 

 

 

 

 

普段はポケモンの記事やクソみたいな日記を書いてます。よかったらこちらも併せて見てもらえると嬉しいです。

 

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

rnvv.hatenablog.com

 


とりあえず研究レベル10にした

f:id:rnvv:20220130122630j:plain

先月末に発売されてから黙々と図鑑を埋めておりました。rnです。

 

図鑑タスクをこなしたり、新規ポケモンの進化を考察したりサブミッションをこなしてたら半月ほど経っておりました。

f:id:rnvv:20220221161302j:plain

僕の旅パ。好きなポケモン集めてたら地面タイプと鋼タイプ多くなっちゃうんですよね。ヌメルゴン加入するまではハガネールとかも使ってました。

 

 

 新規ポケモンの色違いとかオヤブンの色違いとか集めたり、図鑑タスクを全部埋めたりしたいですね。

 あとアルセウスに出会う条件が全部のポケモンの研究レベルを10にする必要があると思ってて全部のポケモンの研究レベルは10にしました。

 

 

f:id:rnvv:20220221161305j:plain

青いチェリム可愛い

 

 

f:id:rnvv:20220221161252j:plain

赤毛のガチグマも可愛い

なんかハンバーグみたいな色味。

 

 

f:id:rnvv:20220221161258j:plain

オヤブンナエトルの色違いは色が綺麗。

未だに進化させようか悩んでる。

 

 

 

 

f:id:rnvv:20220221161241j:plain

コツコツと集めてる色違いたち

エレキッドはどこが違うのかよくわからない

 

 

アルセウスはまだ未捕獲なので図鑑タスク全部埋めてから会いに行こうかな?